DIYの作業台で悩むならソーホーすブラケットFULTONを買うと幸せになれる件について。

ソーホースブラケット

DIYでニスを塗るためには作業台があったほうが便利です。
地面と話すことでニスを塗った面に砂やほこりがくっつくのを防いでくれます。
ベッドのメリットを謳う根拠に、
「地面から30㎝のチリやほこりの密度が多いこと」が挙げられます。
DIYの場合ダンボールとかビールケースとか近場にあるものでなんでも代用できますが、
いつも買い物しているホームセンターに面白いものが売っていました。

FULTON製のソーホースブラケット

フルトンのソーホースブラケット。

IMG_1690
created by Rinker
CRAWFORD
¥1,447 (2021/09/28 23:25:48時点 Amazon調べ-詳細)

インターネット上ではDIYで使っている人がちらほら見えるのに、
近所のホームセンターでは全然見かけることありませんでした。
ネットで買うと送料が高くつくのであきらめていたところの僥倖。
説明書にはツーバイフォーを入れ込むと書いてあるのに、
ツーバイフォーが入らない(笑)。

さすが人を育てる米国製。

「自分で工夫しろ」とのことですね。金具をペンチで広げるのが得策かと思いきや、
近くにペンチがなかったので、木槌で叩き込みます。

IMG_1692

ほーら、できました。

IMG_1696

前に棚を作ったときのツーバイフォーを使ったので新しく買い足したのはソーホースブラケットのみですね。
これでDIYがはかどるし、ニスをバシバシ塗れます。
ほんとは2セットあると使えるのでもう一つ買いに走ったのでした。
ツーバイフォーはホームセンターで切ってもらえば実作業時間は木ねじを締めるための20分くらいです。
自転車に乗っている人はこれでサイクルラックも作れますが、
材料のほうに耐水性がないと思うのでニス塗ったほうが良いですね。

created by Rinker
CRAWFORD
¥1,447 (2021/09/28 23:25:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
和信ペイント(Washi Paint)
¥1,096 (2021/09/28 08:53:53時点 Amazon調べ-詳細)

はけは100均でも売ってますが、正直きちんとしたメーカーモノとは使い勝手が比較になりません。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です