子育て中のファミリーカーをマイカーリースや残クレで乗り切るのは本当に得なのか。

子育て世代の永遠の悩み「ファミリーカー」

子どものころは「大きい車」が欲しくて欲しくてたまりませんでした。
私の父は一貫してトヨタのセダン派だったので、
私は「ミニバン」というものに乗ったことがなかったのです。
クレスタ トヨタ

友達が乗っているミニバンがうらやましくて、
なんども父に「大きい車」をねだった記憶があります。
しかし、結局私の家にミニバンが来ることはなく、
父は今も一貫してセダンを乗り続けています。
親になった今ではセダンを曲げなかった父の気持ちがちょっとだけわかるようになりました。
そうは言うもののやはり子育てをするうえではミニバンが便利だと思っています。
スライドドアであれば隣の車にドアをぶつける心配もないし、
天井が高ければ車の中で着替えもできるし、
子どもが1人増えるにしたがって倍増していくお出かけの時の荷物も問題なく積み込むことができます。
しかし、車は高い買い物。
おいそれと買い換えられるものではないですよね。
本当は子どもの成長に合わせて車変えることができればよいのですが。
一時期本気でハイエースも考えました。
下取り価格高いし。
ただし後部座席の乗り心地がいまいちとのことでやっぱり悩む。
車種とかで迷っていたのでかなり一括見積は役立ちましたね。

クルマ欲しい!新車見積MOTA

ディーラーに行くとほぼ確実に営業されるマイカーリースや残クレ

定期点検や車検の時にディーラーさんに行くとほぼ確実に乗り換えの営業をされます。今までは「お金がたまるまで、今のままで」と断っていたのですが、
最近「初期費用少なく乗り出すことができます」とリースや残価設定型クレジットを進められるのですよ。
制度の名前は知っているのですが、制度内容は知らなかったので調べてみました。

メーカーで車を選ばない・子育て世代・田舎住みの私のような人にはマイカーリースや残クレは損だと思う。

リースや残クレの制度を三行で説明すると
1 ほぼローンです。
2 ただし、普通のローンより月ごとの返済額少ないです。(残価設定)
3 ローンと違って払い終わってもその車はあなたのものになりません。
だと思っています。
これだけだとメリットがほとんどないように見えますが、
「メーカー」で車選ぶ(特定メーカーの新車を定期的に乗り換えたい)人や、
基本的な移動は公共交通機関で足りるんだけど、数年だけどうしても車が必要な人とか、
月々の支払いを平準化したい人は選ぶメリットがあるのかなぁ。
このメリットだけでは田舎の子育て世代がマイカーリースとか、残クレを選ぶ理由はほとんどないというのが私の結論です。
子どもがいるときれいに車を使い続けるのはほぼ無理だし、
最後に所有権が移動しないとなると残価設定をしたとしても差額を払うことになるでしょう。
最近、気に入ったリース車両を買い取れる契約があるみたいですが、
残念ながらリースの利率はローンに比べてかなり高いので、
最初から素直にローンを組んだほうが良いと思います。
公共交通機関との選択肢が多い都会のほうだと一行の価値はあるかなぁ。
トヨタ好きならKINTO。

任意保険もこみこみなのはかなり大きいですね。
うーん、でも田舎のほうだとリース契約は本当に先を見越して計画立てないと、
将来的にかなり家計を圧迫してくるような気がするのですよね。

素直に貯金・運用をしてお金を貯めるべきかな

子育て中は本当にお金がかかるもの。
定期的な支出もそうですし、予想不可能な突発的なものも出てきます。
子どもの医療費補助などは行政のサービスで整ってきていますが、
さすがに車両補助は難しいと思います。
すなおに計画を立てながら貯金や運用をするのが吉。
私も車貯金の一部を運用していますが、7~10年間くらいのスパンで積み立て運用中。
分散投資で下落リスクをヘッジしながら運用して子ども希望の後部座席用のディスプレイ代くらいになればいいなと思います。

SBI証券

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です