ジッパー付きのコインケースをレザークラフトで作りました

レザークラフトは簡単じゃない

レザークラフトは自分で作ったほうが、
服飾費の節約になると思って始めたのですけれどね。
正直、作るたびにレザー商品として売りに出ている商品たちのリスペクトを感じます。
ヘリ返しやコバの磨き部分漉き。
自分で作ると壁ばかり感じます。

同じ形状のコインケースを何度も作っている。

自分の理想としているレザーの取り扱いはホワイトハウスコックス。

created by Rinker
Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)
¥37,400 (2021/09/17 20:15:18時点 Amazon調べ-詳細)

正直、これは私の青春時代の刷り込みですね。
もともと最初のボーナスで買った財布もこれでしたし。
よく参考にしていた雑誌で常々取り上げられていたのです。
これも今考えてみれば、かなり作りこんであるなぁと感じてます。
最終的にはたどり着きたいところです。
ただ今の支払い実情からすると、カードで払うことが多くあって、
必要十分ということを考えれば機能が多すぎるのも事実。

created by Rinker
¥3,080 (2021/09/18 02:06:32時点 Amazon調べ-詳細)

今はこれを参考にファスナー付きのコインケースを作ってました。

ファスナー部分を曲線付きで曲げたコインケースは今回で作るのが4回目です。
内側もレザーで仕上げたのは今回が初めてですが、
ファスナー部分がここまできれいにできたのは初めてです。
それでもなお反省ばかりなんですよねー。
自分の納得できるものが作れるようになる日は来るのだろうか。
レザークラフト中級者になるためにレザーを漉く。「SINCE」のワイドエッジャーを買ったのでレビュー。
財布が膨らむのが嫌だったので、レザークラフトでコインケース(小銭入れ)を作りました。二作目。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です