TOOLBOXの棚受けを使って棚をDIYしました。

家を建てたのですが、
「自分でできるところは自分で。」の節約精神で、
棚とかはあまりつけずにシンプルな壁にしてもらっていました。
下地は入れてもらっておいたので、
少し落ち着いたらDIYしようと思っていたのです。

TOOLBOXの棒棚受けを見つけてしまった。

棚受けって意外と種類がないことを知っていましたか。
基本的にはL字アングルで、
Lの部分に筋交いとか、装飾が入っているのが多いです。
自分で作った本棚の側面に棚を付けたときはL字のやつを使いました。

こんなのです。
でもリビングで人の目に触れるところについて、
「できるだけ黒いアイアン部分を見せたくない」
という希望があったのです。
それで見つけたのがTOOLBOXさんの棒棚受け。

棒棚受け

めっちゃシンプルで棚をつけてしまうと、金属の受け部分がほとんど目立たない。

正面から見た

基本的に上下のビスで留めてます。
耐荷重は10kg/本とのこと。

施工の時に使うもの

最低限あれば良いのはドライバー。これだけあればなんとかできます。

でも、めちゃめちゃ大変なので電動ドライバー施工がおすすめです。

そして、エクステンションがあるとなお施工しやすい。ビスからずれて壁に穴開けてもねぇ。

created by Rinker
兼古製作所(Anex)
¥770 (2020/11/01 06:37:52時点 Amazon調べ-詳細)

あとは水平器と、水糸あると地面と水平にできますね。

created by Rinker
シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥1,088 (2020/10/31 06:52:31時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
オカムラ技研
¥66 (2020/11/01 06:37:53時点 Amazon調べ-詳細)

壁に直接打てないときはラブリコとかディアウォールが良いでしょう。

DIYした

水平取りながら、頑張ってDIYした結果がこちら。

六つ打った

水糸ののこりの養生が(笑

棚も置いた。曲がって見えるのは写真のせいです。いちおう水平取ってあります。

浮いてるみたいじゃないですか?
カッコいい。
上からの照明が良い感じです。

スピーカーを置いてみました。
ちなみにこのスピーカーはかんすぴのセットを自分で作ったやつ。

このスピーカーの自作の記事はまた書きます。
自作というほど、自作してないが。

カッコよくDIYできたのでかなり満足してます。

DIYの時間は1時間半くらいでしたね。
水平取るのが一番大変だったかな。
下準備として棚板へのワックスがけが楽しかったです。

そしたら似てるのアマゾンでも売っているという。まぁTOOLBOXさんのカッコいいからいっか。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です