Helinoxの椅子を買いました。家族キャンプへの第一歩。

ぞうきばやし(@zoukibayasi1)です。

ファミリーキャンプへの第一歩としてキャンプチェアを買いました。

A&Fオンラインストア

で扱っている

Helinoxのチェアを選びました。

選んだ理由は2つです。

1 小さくなる。

2 娘が気に入っている。

レビューを含め詳しく見ていきます。

小さくなる!2Lペットボトルくらい

ファミリーキャンプは荷物がどうしても多くなります。

夏休みあたりの暑い時期だと、眠るときはブランケットだけでも十分に寝ることができますが、

今の時期だと夜から明け方にかけて寒いので寝袋も人数分いります。

料理するときもソロツーリングなどでは、

ワンバーナーでお湯を沸かすことができればなんともなるのですが、

ファミリーキャンプではそうはいきません。

お湯を沸かしながらも、調理をしなければ即子どもが飽きます。

そうするとツーバーナーは必須で、燃料も当然必要になってきます。

ソロキャンプの荷物を単純に倍にすればいいというわけではなく、

ファミリーキャンパーはとにかく「荷物との戦い」を避けて通ることはできません。

車には当然子どもも乗っていますので、

荷物スペースは格段に狭くなります。

荷物を積むためにキャリアーをつけてもいいのですが、

カーキャリア・ボックスって結構いいお値段するのです。

そんなことを踏まえると、

やはり道具が「軽い」・「小さい」は絶対正義です!

ヘリノックスのコンフォートチェアは2Lペットボトルくらいの大きさ。

車載して持っていくには十分すぎるくらい小さいので、かさばらなくて良いです。

組み立ても簡単。

スタッフサックから部品をすべて取り出します。

左からスタッフサック、座面シート、骨組みの3つ。

組み立て方の説明は座面シートの裏面に記載されています。

まず骨組みを組み立てます。

バンジーコードも入っていますので、

簡単に組み立てられます。

組み終わりました。

座面シートを骨組みに引っ掛けます。

4か所止め終わると完成です。

簡単ですね。

娘が気に入った

どんなことでも「一番最初の記憶」って鮮明に残るものです。

キャンプが好きな世のお父さんたちが一番気を付けなければならないのは、

「一番最初のファミリーキャンプ」

この入り方を間違えてしまうと、

妻から「えー、キャンプって面倒なんだよね」とか、

子どもから「もう行きたくない」と言われてしまいます。

そうならないためにも用意周到に。

入り方はとても大事なのです。

基本は子どもをその気にさせること。

ほめて伸ばすスタイルが一番いいですね。

お気に入りの道具を与えて、自分で使わせることが今後へとつながります。

今回、近所にエイアンドエフさんのストアがなかったので、

モンベルに行き実際にHelinoxのイスに座らせてもらったのですが、

その時に座ったヘリノックスのチェアワンを娘がとても気に入り、

「きゃんぷいつ行くの?てんとに泊まりたい!」

とモンベルの帰りに言われるくらいキャンプに対する熱意が高まったのです。

しかしモンベルで扱っているヘリノックスではカラーバリエーションが少なく、

自宅の室内で使うにはアウトドア色が強すぎます。

そこでこのたびエイアンドエフオンラインストアさんで注文することになったわけです。

娘は「赤がいい」ということで、娘には赤のコンフォートチェアを注文しました。

そうです。

上の写真は座面が茶色なのです。

じつは妻と娘の分の2脚買いました。

お揃い色違いのヘリノックスコンフォートチェア。

妻もかなり気に入ってくれていて、

家族内で「キャンプに対する熱意」は最高潮です。

11月には虫も少なく、

寒さ対策さえきちんとできれば、

実は夏のシーズンよりもファミリーキャンプには向いている時期なのです。

たき火は気持ちいいし。

そこで急ですが11月にファミリーキャンプをすることになりました。

「晴れ」なのが大前提なのですが、

ヘリノックスのイスも使っての初めてのファミリーキャンプ。

上手くいくかどうかはこうご期待です。

失敗して、今後は悲しく父のソロキャンプになったとしても、

ヘリノックスコンフォートチェアは家の中有効活用うされることでしょう。

 

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です