子育て中の風呂事情。お風呂を片付ければ子も親もイライラしない。

ぞうきばやし(@zoukibayasi1)です。

子どもと一緒にお風呂に入るのは日課です。

さて、赤ん坊のころからすくすくと大きくなっているわが子ですが、

成長につれて、風呂場のおもちゃが級数的に多くなります。

水鉄砲、

スーパーボール、

水車、

釣り用具、

金魚のおもちゃ、

キャラ物のシャンプーの空箱、

手作り水鉄砲などなど。

全てに思い出があって、

どのおもちゃも買った瞬間はすごく楽しそうに遊んでいたものです。

しかし、子供の成長は早いもので、

すぐに興味がなくなります。

興味はなくなるのですが、

「お風呂から片付けてもいい?」

と聞くと

「ぜったいだめ!」

と言われるのです。

捨てるわけではないのですが、

自分の視界から消えるのが許せないのかな。

自分が子どもの頃も、親から

「片付けるからね!」

と言われると

「ぜったいだめー!」

と叫んでいたので気持ちはよくわかります。

しかし、最近はお風呂に入ると、

一気に風呂おけにおもちゃをぶちまけて、

片付けずに上がっていくので、

「おもちゃは片付けた人のものなんだからね。」

と諭したうえで

「じゃあパパが片付けてよ。」

と言われたので、片付けたうえで、勝手に整理させていただきました。

「もの」が多いと片づけ大変

片づけって大変なんですよね。

とくに物が散乱しているとどこから

片付けていいかわからなくなる。

先が見通せないとやる気が出ない。

負の連鎖です。

この、負の連鎖を断ち切るには

子どもの視界に入るおもちゃは

少ないことに越したことはありません。

子どもにもさりげなく

「どのおもちゃが一番好きなの?」

と聞いてみると、

「釣りのやつ」

と言われたのでそれをメインに残しました。

それ以外は基本的に乾燥後、整理。

お風呂でのおもちゃが少なくなり、

簡単に片付けられるようになったので、

お風呂を上がるタイミングで、

子どもも片付けてくれるようになりました。

「これで一件落着。」

ではありませんでした。

昨日、お風呂場に行くと、

整理したはずのおもちゃが、

また風呂場に出ていました。

妻に確認すると、

日中お風呂プールで遊んで、

そのままだったようです。

これはいたちごっこなんだと

覚悟したのでした。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です