D5500とiphoneの連携。レリーズ(リモートシャッター)について。

ぞうきばやし(@zoukibayasi1)です。

D5500を買った主な目的は、

「花火」

をとるためです。

花火をきれいに撮るには

カメラ以外に2つの周辺機器が必要なのです。

「三脚」と「レリーズ(リモートコード)」です。

私は三脚は父からのもらいものです。

レリーズドあれば準備完了なのですが、

実は、私のカメラD5500にはWiFiついているんですよね。

iphoneのアプリの「Wireless Remote Utility」から

操作できないかなと思い調べました。

 

アプリの導入

アプリの導入は簡単です。

Applestoreから「wireless remote utility」を検索してインストール。

これ

IMG_2358

起動すると、「写真」へのアクセスを求められるので許可。

ちなみに初期設定では撮影すると、カメラとiphoneそれぞれに保存される模様。

 

 

カメラとの連携

アプリをインストールしたら、

D5500の設定を行います。

D5500の設定画面から下から三番目のWifi画面へ(現時点でOFF)

IMG_2368

「通信機能」をOFFからONにすると

IMG_2369

「接続設定」が白く反転し、

洗濯できるようになりますので、

SSIDを確認します。

これでD5500のWifi設定はOK。

 

 

バルブ撮影設定

D5500の「M(マニュアル)」を選び、

シャッター速度をだんだんと遅くしていくと、

バルブ撮影が画面に現れます。

以上でバルブ撮影設定完了。

 

iphoneからシャッターを切るよ

これでiphoneから「Wireless Remote Utility」を起動し、

「写真を撮る」を選ぶと

IMG_2362

という画面が出ますので、

「はい」を選択。

バルブ撮影でなければリアルタイムで

ライブビューが見れるのですが、バルブ撮影では見れないとのことです。

そして実際に撮った写真がこちら。

IMG_2367

バルブ撮影できている…。

 

結論

Iphoneからのバルブ撮影はできなくはないが、

やはりレリーズ買うのが一番手っ取り早いですね。

そんなに高くないし。

花火撮るときは事前に準備しているでしょうけど、

Wifi接続などのいろいろな手間を考えれば、

忘れたときとかのバックアップかな。

 

 

 

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です