子どもが危ないことをしたので注意したら大号泣。泣いたときは注意しても、それどころじゃないよね。一呼吸置くことの大事さ。

テレビを見ながらご飯を食べているとき、

好きな番組が始まったのか、

子どものテンションが上がっていました。

箸を振り回して、祖母(私の母)の目の近くに箸が行きました。

危ないと思い、

私「箸を振り回したら、危ないよ。おばあちゃんの目に刺さっちゃうでしょ。」

と注意しました。

子ども「…」

しゅんとして途端に元気のなくなる子ども。

私「(反省してるなー。)おばあちゃんにごめんなさいしよう?」

子ども「………うわーーーーーん(大号泣)」

私「くぁwせdrftgyふじこlp。ご、ご、ごめんなさいすれば大丈夫だよ。」

子ども「うわーーーーーん(大号泣)」

子どもは妻にぴったり。

私「くぁwせdrftgyふじこlp」

妻「今、言っても無駄だから。ごめんなさいは落ち着いてからにしよう。」

私「…はい」

妻はえらいなー。

その後、落ち着いて、元気に遊び始めたのを見計い妻が諭して、

子どもが祖母に謝っていました。

反省して、大号泣しているときに何言っても無駄ですよね。

一呼吸置くのって、子育てで大事です。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です