自宅へのハンモックの吊るし方

自宅にハンモックを吊るしました

ハンモックが家にあるって、
すぐに横になれるソファがあるのと同じくらいに優雅なことです。
そんな優雅を今回実現しました。

BYER(バイヤー)のバルバドスハンモック

今回付けたのは BYER(バイヤー)のバルバドスハンモック です。
「ハンモック メーカー」で検索したときに、
どのメーカーを選べばいいかわかりませんでした。
南米のメーカーが本場っぽいのですが、
結局ソロキャンプ用に買った「ヘネシーハンモック」の取り扱い店舗であるエイアンドエフで、
コットン生地で売っていたのが BYER(バイヤー)のバルバドスハンモック でした。
公式ホームページで買うのも当然いいのですが、
ポイントが付くのでヤフーショッピングの店舗から買いました。
エイアンドエフヤフー店

家にはハンモック用にアンカーを打っていた

家を建てるときに「ハンモックを吊るせたら子どもも楽しいよね」ということで、
最初から壁にハンモック用のアンカーを打っていました。

なので、ハンモックスタンドは買いませんでした。
ただアパートだったり、
賃貸でアンカーが打てない場合も、ハンモックスタンドがあれば問題なし。
夢のハンモック生活を始められます。

注意点「バイヤー マイクロストラップ」はほぼ必須かな

バルパドスハンモック本体に何が付属しているかわからずに買ったのですが、
本体には本体しか入っていませんでした(当たり前か。)。
最初はまとまっている紐を外してアンカーにつけようかなと思ったのですが、
めちゃめちゃきれいに編み込んであるので、
触っちゃいけないやつだと思います。
じゃあどうすればいいのかというとバイヤーマイクロストラップを使います。

アンカーに取り付けるときだけでなく、
外で立木に張るときも、
ベランダで柱に張るときも、
バイヤー マイクロストラップはあったほうが良いと思います。
というかほぼ必須?
このT字の金具では外れそうで不安と思う方もいると思いますが(実際私も不安だった)、
実際使ってみると、杞憂でした。
かなりしっかり食い込んでくれるので、
簡単に外れたりしませんね。
よく考えられたオプションだと思います。

子どもの評判は上々。大人も楽しいハンモック

雨とか、休みが合わず外に出れないときに、
室内にいながらアウトドア気分に浸れるのは非常に良い。
子どもも勝手に寝っ転がって遊んでいます。
耐荷重は十分なのですが、
外れるのはないかと不安な人にはボルダリングマットを敷けばいいかと思います。


子どもにも大人にも楽しいハンモック生活。おすすめです。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です