新築の購入や建設が決まったらふるさと納税もしておくとお得になるかもしれない話。

新築を購入したり、
建てたりした人には
「すまい給付金」を申請できる資格があります。
すまい給付金は国土交通省の補助制度で最大で50万円も現金給付があるのですよ。
そして今回の記事の趣旨は
「新築の購入や、建設が決まったら「ふるさと納税」しておくと、もらえるお金増えるかもしれないよ」
という運用サラリーマンには必須のお話です。

すまい給付金は住民税の所得割が決め手

すまい給付金は住民税の所得割に応じて、
受け取ることができる現金が変わります。
すまい給付金について
端的に言えば、「所得が多い人にはあんまりあげません」ということです。
その所得割を下げてくれる精度があります。
そうです。
「ふるさと納税」です。
大体こういうお金をもらえる制度は、
色々な減税制度を駆使する前の税金で再計算されて金額が決まるのですが(私立幼稚園の就園奨励補助とか)
なぜか、すまい給付金は「ふるさと納税」で割り引かれたあとの所得割をつかってくれるんですよ。
これを活用しない手はありません。
ふるさと納税の有無(当然金額にはよりけりですが)で、 すまい給付金でもらえる金額が10万単位で変わるかもしれません。
ちなみに、私は10万円変わりました。

いまさらながら「ふるさと納税」

ふるさと納税をしていない人も世の中には結構な数いると思います。
でも、新築の購入や、建設を考えている人にはぜひもう一度「ふるさと納税」を検討してもらいたいところです。
ふるさと納税サイト「ふるなび」

忘れてはいけない確定申告

住宅の購入や、建築でローンを借りた人は確定申告の時に大きな減税を受けることができます。
そうです。
「住宅借入金控除」いわゆる「住宅ローン控除」です。
このときに忘れてはいけないのが、すまい給付金はこの住宅ローン控除の系サインの中に入れなければならないということです。
結構忘れる人がいるみたいなので注意して手続きをしましょう。
何言ってるか分からない人はきちんと税務署に相談行かなきゃだめですよ。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です