幅広な人の靴(スニーカー・革靴)の選び方

幅広は選択肢が少ない。

私は小さいころから学校の内履きとかに両足の側面があたって痛い思いをしてきました。
部活では当時はやりだったナイキのスニーカーを履いていたためか、
小指側の皮がむけて何度も出血していたのは懐かしい思い出です。
子どものころは親から連れていかれたスポーツショップで店員さんから
店員さん「足の長さはこれでぴったりのはずなんですけどねー?きついですか?」
私「うーん、なんか足痛いです。」
店員さん「おかしいなー、ワンサイズ上げてみます?」
みたいなやりとりが常でした。
今となって思えば、足幅の概念が入っていなかったんだなと。
いや店員さん教えてよ。

大人になってから気づいた自分の足幅

大学生のころまでは「自分はなんか人より足が大きいんだろうなー」
と思って過ごしてきました。
よく足長の長い靴を履いていたために(靴の足幅は足長に対する比率で決まっているので足長の長いものは足幅も広い。)躓くことが多かったです。
それが変わったのは社会人になって、
SIRIOの登山靴を買おうと山道具屋に行った時でした。
脚のサイズの測定器がお店にあって計測してくれたんですよ。
そしたら
「君はほぼ4Eだねー」
と言われて、初めて足幅の存在を知りました。

気づいても選択肢はそう多くない。でもきちんと選ぶとかつてない快適さ

足幅の存在を知ってから、4Eの足幅を選べる靴の少なさにも気づきました。
選べるメーカーとして一番メジャーなのはニューバランス。

ニューバランス公式オンラインストア

とくにM990はグレーが4E展開しています。
多色もかっこいいのですが、残念ながら日本では4Eの展開は今のところないので、
AmazonUSAなどから個人輸入するしかないですね。
私はそれでブラックを買いました。

登山靴メーカーで行けばSIRIO(シリオ)が4E対応してくれています。
注文靴としてGOROなども対応してくれると思いますが、
私は注文したことありませんので、
誰か作ったことがある方がいれば体験談を聞いてみたいですね。

幅広でもキーンのサンダルを履けます。
KEENのシャンティを買いました。足幅広くても快適です。
KEEN(キーン)のゼラポート ツーを買ったのでレビュー
ダーンタフはちょっときついんですよねー。
生涯補償の靴下ダーンタフを郵送交換

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です