山形県西川町の蕎麦屋「一松」の汁を飲み干す。

ぞうきばやしです。

豪雪の中、山形県西川町にある蕎麦屋「一松」さんに行ってきましたよ。

山形で「そば」と言えば「肉そば」と言われ、山形のそばは「太い」っていうのが普通の中1

そんななかで一松さんは山形のそばに一石を投じています。

周りにに流されない確固とした「そば」

正直お店、若干入りにくいかも。

あんまり人がいっぱい入っているのは見たことないもので。

ですが、店主の人は物腰柔らかで、

お店はとてもきれいです。

まさに「The蕎麦屋」。

メニューは年期入ってますね。

ツウなひとはもりそばとかざるそばを頼むのですが、

私は迷わず

てんぷらそば(温かいの)

一松の天ぷらそば好きなんですよ。

温かい天ぷらそばには私のなかの大ヒットで、

なんと出てきた瞬間から衣が柔らかい。

汁をすった衣好きなんですよ。

 

麺がじゃっかんみえますね。

山形のそばとは思えないほど細い。

汁を吸ったてんぷらを食べ、

そばを食べ、

漬け物を食べ、

のエンドレス。

最後まで飲み切るとゆずが出てきます。

頼んでからそばを打ってくれるのかな?

出てくるまで少し時間がかかりますが、

待つ時間もおいしさのスパイスですね。

ぜひ一度ご賞味を。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です