山形県大江町「左市」でジャコウネコのうんちから作られたコーヒーをいただきました。

ぞうきばやし(@zoukibayasi1)です。

「左市」

「さいち」

ではありません。

あてらいち

と読むのです。

珍しいものをいただいてきました。

それはジャコウネコの「糞」から作られたコーヒー。

コピ・ルアク(インドネシア語:Kopi Luwak)とは、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことである。「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。日本では、コピー・ルアークやコピ・ルアック、ルアック・コーヒーとの呼称も通用している。独特の香りを持つ。量が少なく、高価である。(引用-wikipedia)

高価」である。

おかしいな。

私、今日500円でいただきました。

ここで。

かも駄菓子付き。

とてもおいしくかったです。

調べてみると、動物が関与して作られるコーヒーって結構いっぱいあるんですね。

サルとか象とか。

どちらにせよ、希少価値が高いものになり、高価になるみたいです。

そんなコーヒーをワンコインで飲ませてくれる「左市」。

すごくいいなぁ。

今回一日で終わりみたいでしたけど、

来年もあるのかな?

 

 

 

 

 

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です