山形県の山寺地区にある「COZAB GELATO(コザブジェラート)」に行ってきました。ついでに山寺も登る。

コザブジェラート
COZAB GELATO(コザブジェラート)のミルクとバナナ

おいしいジェラートに目がありません。

山形県で有名なアイス屋さんは数あれど(寒河江市のチェリーランドとか有名ですよね。)

おいしいジェラート屋さんを探し当てるのは難しいのです。

COZAB GELATO(コザブジェラート)

COZAB GELATO(コザブジェラート)さんは山寺にあります。

大変失礼ながら、山形県の主要観光地である山寺にお店を出すのはとても頭が良いなーと勝手に想像していたら、

ホームページに出店までの経緯が書いてありました。

1963年、祖父はこの山寺の奥地に小さな食料品店“寒河江商店”を創業しました。まだ自家用車が普及し始めたばかりで、街まで買い物に行くことができない方がたくさんいた時代——そんな時代から半世紀以上、寒河江商店と祖父は山寺のライフラインとして人々の生活を支えてきました。祖父は84歳で他界するまで、毎朝市場へ買い付けに行き、店まで足を運べない方のために配達をし、お店の前を流れる紅葉川のゴミを拾い、寒河江商店の店主としてこの地を守り続けました。
 2018年、その寒河江商店をリノベーションしてCOZAB GELATOは誕生します。地域に対する祖父の想い、祖父に対する私たちの想いを詰め込んで、祖父の名前“幸三郎” から“COZAB”〈コザブ〉と名付けました。 祖父の人生そのものだった寒河江商店はCOZAB GELATOに生まれ変わり、これからもこの場所を守っていきます。(COZAB GELATO ホームページより)

え、ナニコレ、すごいいい話。

しかも、ジェラートを作る人(Gelatiere)の石田さんは理系!

工学系大学院を卒業後、技術者として日本とアメリカでハイブリッドシステムの開発に従事。30歳のときに一念発起して脱サラし、イタリア料理を学ぶためInternational academy of Italian cuisineへ留学。留学中、イタリアの食文化や人々の生活の豊かさに魅了される。帰国後7年間、イタリア料理留学専門のコンサルタントとしてイタリアと日本を行き来する生活を送る。2012年に初めて山形を訪れ、その自然、風土、文化に触れ「ここはまるでイタリアだ!」と叫ぶ。以降、山形を永住の地とすることを切望するようになる。2016年にイタリアのジェラート店Top30にランキングされるChiccheriaのオーナーシェフManuele 氏の元で日本人として初めてジェラート作りを学び、2017年に満を持して山形に移住。

これは理系出身の私としてはいかない理由がありません。

料理って科学(化学)ですよね!

事前の知識として、これを知っているとジェラートの味もさらにおいしくなります。

ちなみにHPもフェイスブックもインスタグラムのページもあります。

COZAB GELATO(コザブジェラート)ホームページ

COZAB GELATO(コザブジェラート)フェイスブックhttps://www.facebook.com/cozabgelato/

COZAB GELATO(コザブジェラート)インスタグラムhttps://www.instagram.com/cozabgelato/

ホームページのトップページには

「Just taste,Have fun,Enjoy the gelato.」

と書いてありますが、日本語に直せば、

「味わえ、楽しめ、それがジェラートだ!」ですかね?(意訳)

あってるかわ分かりませんがまさに英語のそれを体現しているお店でした。

定番はミルク。でも季節によって味が変わるんです!

私は平日に伺ったのですごく空いていて、

すぐ入れました。

しかし、平日にもかかわらず、ひっきりなしにお客さんが入ってきます。

「さすが美味しいと評判のお店。」

2階の飲食スペースでいただきます。

2回の飲食スペース

え、ナニコレ。ちょうおしゃれ空間。

ジェラートの材料の産地だけじゃなく、

季節のモノを取り入れて雰囲気も楽しめるようになっています。

2階の窓より。

お店のお迎えには多少の駐車スペースがあります。

休日の時は止められないくらいになるのだそうで、

可能であればジェラートついでに山寺も登ることを考えて山寺地区から歩いてくるのもいいかもしれません。

私は松尾芭蕉記念館に用事があったのでそちらの駐車場から歩いてきました。

ジェラート

私はミルクとバナナを選びました。飲み物にはエスプレッソ。

ミルクは通年の商品ではありますが、お乳を出してくれる牛さんが季節によって体調が変わるので、

脂肪分の入り具合が異なり、風味も季節によって変わるのだそうです。(店員さんより)

夏は比較的あっさりしているとのことでしたが、

濃厚な風味で、これ秋になったらどう変化するのかまた食べに来なければと思いました。

食べた後にはしっかり運動も。山寺にも登りました。

ここまで来たら、せっかくなので山寺にも登っていきたいところです。

山寺からの風景

山形県のCOZAB GELATO(コザブジェラート)さんおすすめです。

COZAB GELATO(コザブジェラート)ホームページ

COZAB GELATO(コザブジェラート)フェイスブックhttps://www.facebook.com/cozabgelato/

COZAB GELATO(コザブジェラート)インスタグラムhttps://www.instagram.com/cozabgelato/

ちなみに仙台市にも美味しいジェラート屋さんがございます。こちらもどうぞ!

仙台おやつはひょうたん揚げ、デザートは「GELATI BRIO」

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です