家に花がある生活。お花のサブスクで季節感。

妻が季節感を大事にする人です。
家を建てるときに妻の希望で玄関に小さなニッチ(飾り棚。壁から少し凹んだ空間)を付けました。
今年はコロナ禍で特別遠出とかしなかったのですが、
春は桜、夏は沖縄のシーサー、秋はハロウィンの小物が置いてあります。
子どもの日とか特別な日とかも変えてくれています。

そんな妻から「花の定期宅配」を提案されたのでした。
インスタグラムのCMで見たんだとのこと。

花の定期宅配さっそく調べてみた。

花の定期宅配サービスって結構あるんですね。
Bloomee LIFE
【花キューピット公式サイト】
日本総合園芸
こんなに需要があると思いませんでした。
いくつかサービスを比べてみて妻に見せたのですが、
妻的にこれだというサービスがなかったようで
「じゃあ近所の花屋さんから1週間くらい毎に買ってみようか。」
なんて話をしてたら、近所の花やさんがサブスクリプションしてました。
こちらは宅配ではなく、取りに行くスタイルなので、
ちょっと面倒な気もしますが、
近所に解決法が転がっていたので一度試しにやってみました。

一日のやりとりは1分かからない。

「毎日通ってもらって大丈夫です。」
と何回も、言ってくれるのです。
一度登録したとはいえ、
一回ごとのお花がかなりちゃんとしたお花なので、
取りに行くのが気が引けるのですが、
何回も念押しのように言ってもらえると、
「あ、行ってもいいんだな。」と思えます。
そして日々のやり取りは慣れると一分もかからないのです。

お花はかなり長持ちします。

サブスクリプションのチケット代わりの花瓶から、
家にある花瓶(花瓶というかガラス瓶?)に移し替えて水を入れ替えるのですが、
お花自体がかなりちゃんとしたものなので長持ちしました。
これは近所のお花屋さんだからこそなんですかね。
手入れの仕方も丁寧に教えてくれましたし、
妻は最終的にはドライフラワーにするつもりだそうです。

季節感あふれる生活になりました。

私はもともとお花に囲まれた生活とか興味なかったのですが、
すぐ近くに季節の植物があるとなると、
悪い気はしないものです。
お花とともに季節を感じながら生活するのも悪くないなと思いました。
妻の機嫌もよいので、自然と心穏やかに生活も遅れるという。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です