初心者が麻布テーラーでスーツを注文。オーダースーツ注文時の注意点と感想。

スーツをかっこよく着たい。

「スーツ」をかっこよく着ている人って少ないですよね。
振り返ってみれば私も
「「スーツ」であれば適当に着ていても、それなりに見えるしな」
なんて考えていました。
でも、気を使っていない人って雰囲気で感じ取れてしまうものなのです。
サイズがあっていないとか、色づかいが変だとか。
そんな悩みを解決するのが「オーダースーツ」です。
既製で売っている服は「S、M、L、LL」といったざっくりとしたサイズ展開しかありません。
しかし、人はそれぞれ身長や体重だけでなく、肩幅や身幅、袖丈等々すべてが違っているのです。
そこに合わせることができるのがオーダーです。
オーダーすることによってスーツのプロと相談しながら作ることになりますが、
生地色を選ぶ時にはっきりと
「はじめてだ。1着目なんだ」
と伝えることで、すごく使いやすい色のスーツをチョイスしてくれます。
では、どこでオーダーするのが良いのでしょうか。

きっかけは妻の指摘「スーツがおじさんくさい」

サラリーマンをしているとほぼ毎日スーツを着ることになります。
大学時代に量販店で買ったスーツは擦り切れることがなく、ずっと着ていました。
しかし、結婚した当時、妻から「スーツがおじさん臭い」とダメ出しが入りました。
「年を重ねると太るだろうし、余裕をもって」
と考えていたことが仇になりました。
量販店でも最近はシルエットのトレンドが変化してきたため、
かっこいいシルエットのスーツが買えます。
しかし、中途半端にお金を出して、また「おじさんくさい」といわれても悲しいです。
当時から隠し切れないオタクであった私は、王様の仕立て屋という漫画にはまっていました。1巻だけでもかなり参考になりますので一読の価値あり。


「オーダーしてしまおう」と思ったのです。

フルオーダーとパターンオーダー

オーダーと言っても大きく2つの種類があります。
「フルオーダー」と「パターンオーダー」です。
すべての寸法を完璧にはかり、注文者だけのスーツを作ることを「フルオーダー」といいます。
とうぜん、時間と手間がかかるため高額になります。
さすがにフルオーダーはハードル高すぎるので、
パターンオーダーで注文することにしました。
パターンオーダーはある程度の型紙があり、
その中から合うものを選んで選択していくタイプ。
フルオーダーより価格は抑えられて、
働いていて少し節約すれば、手の届く範囲になります。
最近はパターンオーダーにメーカーさんも注力してくれています。
有名百貨店のオーダーフェアとか良いですよね。
SADAさんとかもかなり安い。
オーダースーツSADAでパターンオーダー。初回オーダーが尋常じゃなく安い件。
しかし、田舎暮らしのぞうきばは近くに大手百貨店などありません。
そこでまずは本で勉強しようと思い立ちました。

created by Rinker
¥1,222 (2021/07/25 03:41:10時点 Amazon調べ-詳細)

今でも私のスタイリングの教科書になっているこの本には
「初心者でも優しく相談に乗ってくれる!」
と「麻布テーラー」がお勧めされていました。

麻布テーラーでオーダーする

その本に書いてあった通り、
麻布テーラー」さんで作ることにしました。
ちなみに国会議員の麻生太郎さんは麻布テーラーでスーツを作っています。
ボルサリーノが話題になったお洒落さんですね。
また、スポーツ分野でもサッカーの浦和レッドダイヤモンズのオフィシャルパートナーにもなっています。

麻布テーラーは、2011年8月より浦和レッドダイヤモンズのオフィシャルパートナーです。2019年シーズンも浦和レッドダイヤモンズの公式イベントや遠征時に、麻布テーラーのスーツ及びウェアを着用していただいております。(azabutailorHPより引用)

フルオーダーも受けてくれるみたいですが、
私は普通にパターンオーダーでさせていただきます。
なお、とうぜんながら「麻布テーラー」さんも近所にはありません。
どうせ都会に出るなら、「百貨店」ではなくて「専門店」でということです。

実際に店舗「麻布テーラー日本橋店」に行ってきました。

スーツを注文するために麻布テーラー日本橋店に行ってきました。
東京駅からも歩いていける範囲で10分くらいです。
前はちょっと早めに上がった出張帰りでもいけたのですが、
今は事前予約があるので、ちゃんと準備していったほうが無難ですね。
ちなみに、はじめてお店に入るときかなり緊張しました。
ビルの7Fに店舗があるのですが、
エレベーターから降りた後の扉の「重い」こと。
それは物理的にも、精神的にも重いのです。
お店で何を聞かれるかもわからないし、
どんな店の雰囲気かもわからなかったのでかなり不安でしたが、
「この扉をあけるのが「おじさん臭さ」から脱するための最初の試練なんだ」
と思って「重さ」を突破しました。
私は会社の休みに合わせて平日にお邪魔したので、
たまたまほかにはお客さんがいなく、
店員さんにすぐ対応していただき、丁寧に説明してもらいました。
注文後に店員さんに聞いた話によると、
混んでいる時だと「生地を見ながら待つ」という時間がでてくるそうです。
初心者は生地を見てもただただ緊張するだけなので、事前に予約しましょう。

スーツオーダー初心者の注文の仕方は「予算」を先に伝えること。

私は見るからに「おのぼりさん」だったので、
店員さんは最初かなり不安に思ったそうです。(注文後に聞きました。)
それは「価格帯が分かっているか」ということ。
それは「高いんだぞ」ということではなく、
求めているものに提示された価格でこたえられるか分からないためです。
ですので、
オーダー初心者は店員さんが話に来てくれたならすぐに「予算」を伝えましょう。
「スーツを〇着、〇〇円くらいの予算で考えているのですが。」と。
本当にたまたまだったのですが、私はこれを先に店員さんに伝えたのでした。
それを聞いた店員さんは安心したのと同時に「答えてあげたい」と思ったそうです。(オーダー後に聞いた。)
簡単な目安はホームページでも確認できますが
追加オプションをつけていくと、値段は跳ね上がります。
裏地や、ボタンの種類、ベント、etc…。
有料オプションもあります(裏地をキュプラにとか、ボタンを革ボタンとか。)。
分からないことは正直に店員さんに聞くのが一番です。
オーダーに慣れている人や、
たくさんお金を持っている人からは馬鹿にされるかもしれませんが、
予算を先に伝えることにで、希望しないオプションはきっぱり断ることもできます。
店員さんも「予算内でより良いものを」と一緒に考えてくれます。
さらに、麻布テーラーは生地見本がファイリングされているのですが、
そのファイルも価格帯が分かれています
私は初めてのオーダーということもあり、
着回ししやすく、重宝するネイビー無地チャコールグレー無地でオーダーしました。
チャコールグレーは有料オプションをほとんど使っていません。
ネイビーのほうは生地も良いもので、
有料オプションもつけました。
本当は3着作るつもりだったのですが、アドバイスを受けながら選んで、
初回は2着で様子を見てみることになったのです。
ここまでであっというまに1時間30分くらいはお店にいました。
ちなみに高額になったとしても現金だけでなく、
クレジットカードも使えるので安心です。
時期にもよりますが、基本的にスーツが出来上がるには5~6週くらいかかりますので、
就活とかで使いたい人は早めにオーダーが必要です。

完成後は配送サービスあり。

完成したスーツは取りに行くこともできるのですが、
地方に住んでいれば有料で配送してくれます。
私は配送してもらいました。
東京に受け取りに行くより断然安いので。
麻布テーラーさんから届いた黒のシックなダンボールに「azabu taioir」と書いてありました。
かっこいいですね。
かなりお洒落なダンボールです。
正直、緊張しながら頼んだので、
全然完成のイメージがわいてませんでしたが、
完成するとこうなります。

IMG_1870

ネイビースーツ。
ジャケットの写真の色がパンツの色と違いますね。
写真編集の腕の問題です。笑

IMG_1871

裏地は奮発しましたよ。有料オプションのキュプラ+柄地です。

IMG_1872

パンツのシルエットもモダンですね。

IMG_1873

チャコールグレーのスーツ。
かっこいいです。
仕事で着ているのですが、
今まで声をかけられることのなかった職場の「ちょっとおしゃれな人」から声をかけられるようになりました。笑
なにより妻からの評判がすこぶるいいです。
ネイビーとチャコールグレーは年齢にとらわれず末永く着ることができる色です。
あえて既製スーツを買わないで、オーダーした結果、私は大満足です。
お金をかけてよかった。
次はジャケットだけを作りたいと思っています。
リモートワークで人に会う機会が少ないからこそ、
会った時の印象を良くしたいものですね。
ぜひ、みなさんもオーダーを。

麻布テーラーの基本型をまとめてみました。

麻布テーラーの季節カタログがきたので、オーダースーツの基本モデルをまとめてみた。

ポケットに穴が開いてしまったので、アフターフォローの修理に出してみました。

麻布テーラーのアフターフォロー(お直し)。ポケットがほつれたので、修理対応に出してみました。

その他も実は…

20代でハリスツイードジャケットをオーダーした話。
BARNSTORMER(バーンストーマー)を一気買いしました。
夫や彼氏へのオーダープレゼント。
オーダースーツSADAでパターンオーダー。初回オーダーが尋常じゃなく安い件。
30代のブレザー論。年を重ねたからこそ正統に攻める。ブレザーをSARTOで直してもらった。

「まだ就活もないし、スーツオーダーとかよりも大学デビューしたいんだ」という理系男子にはこちら。

今だから分かる理系大学生が大学デビューするのに必要な服・不要な服。嫌われない服装の作り方。
非ミニマリストが選ぶ、ミニマリストのおすすめファッション(夏編)

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です