刃物のメンテナンスできてる?「SUEHIRO」の砥石で包丁をお手入れ。

ぞうきばです。

アウトドアでもインドアでも、

料理において最重要ギアってなんだか分かりますか?

包丁が切れない!

そう、包丁ですよ。

家で使う包丁は「GLOBAL」のペティと牛刀、キャンプ先ではユニフレームでやってきました。

ユニフレームはキャンプの時しか使いませんが、

マジで切れる。

ペティと牛刀は買ってからスピードシャープナーでしかメンテナンスしたことがなく、

そろそろ本格的に切れなくなってきました。

始めて使ったときは、

その切れ味に現実を疑うほどでした。

しかし、今はそんな影もなく、

力任せに切っています。

これではいけない!

キャンプのギアだってメンテナンス大事ですよね。

外飯を楽にするには、

家での下処理が欠かせない。

その下処理が

包丁のメンテナンスってなんだ?

使ったらすぐ洗うとか、

濡れたまんまにしないとか、

色々考えられますが、

基本は一つ。

使ったら研ぐこと。

シャープナーと砥石。

スピードシャープナーは持ってるんですよ。

普通のシャープナーも売ってますね。

でもシャープナーだと一瞬だけ切れるようになるのですが、

すぐにまた切れなくなっちゃうんですよ。

そこは、まじめに素直に「砥石」を使うしかない。

砥石「SUEHIRO」

実はGLOBALのシャープナーは委託生産なんですよ。

その委託先がSUEHIRO

どこのメーカーかとおもいきや、

snowpeak、ユニフレーム、キャプテンスタッグで同じみ新潟県のメーカーなんですね。

新潟県は三条市に燕市にと、

本当に職人が多く、

時代に合ったものを世に送り出していて、

すごいなぁと感心します。

とりあえず研ぐけど


選んだ砥石は

SUEHIROのCERAX CR-3800

amazonでもSUEHIROさんが販売してくれてるのかな。

ぞうきばはAmazonで買いましたけど、

新潟ほんものwebshopとかでも売ってます。

外観表。

裏には研ぎ方の説明。

なくすともったいないので、

ケースに貼り付けます。

ケースは滑り止めつきで、

砥石を水に浸す際にも使えるので、

ダクトタープで貼り付けます。

キャンプに、トレッキングに、DIYに持ってて損なし。

内容物ですね。

砥石は両面あって、

1000番と3000番。

紙やすりなどと同じで、

数字が小さいほうが荒いです。

なので1000番で研いでから、

仕上げに3000番で研ぐ感じ。

両面になってる。

「10分程度水に砥石を浸してから研ぐ。」

と記載なっているので、ケースに水を張って浸します。

準備ができたら、

研げ、研げー!

研ぐときは砥石と包丁を「7度の角度で研ぐ」とありますが、

けっこう分かりにくいです。

ぞうきばは元の刃の角度を大事にゆっくり研ぎました。

一つの訪朝につき15分くらい研いでました。

その結果がこちら。

写真の腕がいまいちなので分かりにくいですが、

研いだとこrは横筋が消えてるんです。

実際に切ってみた。

リンゴを剥いてみました。

砥石の効果がすぐ割ります。

めっちゃ切れる。

感動します。

もう少し「研ぎ」を練習すれば、

もっと扱いやすくなると思います。

断面がつぶれていないリンゴ。

包丁のメンテナンス、

おすすめです。

SUEHIROのCERAX CR-3800

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です