レザークラフト中級者になるためにレザーを漉く。「SINCE」のワイドエッジャーを買ったのでレビュー。

本体

この記事ではレザークラフトの「漉き」ができるようになる道具を紹介します。
「漉き」を多用することで作品の印象をすっきりスマートにでき、
厚さにメリハリがつくことで、作品全体をレベルアップさせることができます。

初心者脱して、レザークラフト中級者になるための「部分漉き」

レザークラフトを継続していると、
一歩先に進むためにどこかのタイミングで、
必ず「漉き」をしなければならなくなります。
買った革をそのまま使って作品を作ると、
どうしても出来上がりが厚くなってしまって、
スマートに見えないからです。
ただし、革全体を漉くには大掛かりな機械を導入しなければならず、
半裁を買う段階で、そもそもの希望の厚さに業者から好いてもらったほうが良いです。
ですが、コバ付近を少し漉くだけで革全体の厚さをすっきり見せることができます。
これを「部分漉き」と言い、
商用のレザー用品では必ずと言っていいほど用いられています。
詳細はこちらを参考に。

レザークラフト初心者を脱するための技術が満載です。
一つ一つは小さなことですが、
その積み重ねがレベルの高い作品を作ることにつながります。
コツコツです。

定番品を選ばないで冒険してみた。SINCEのワイドエッジャーを買いました。

「部分漉き」をするための道具はいくつかあります。
クラフト社のスーパースカイパーが定番品ですかね。

created by Rinker
クラフトシャ(craftsha)
¥2,049 (2020/11/01 07:09:27時点 Amazon調べ-詳細)
定番品でも良かったのですが、私はSINCEのワイドエッジャーを選びました。
理由としては押して削ることができることと、
淵にある壁部分が余計なトコ面を削らないようにしてくれると考えたからです。
実際買ってみて、かなり使いやすかったので写真を交えてレビューしたいと思います。

SINCE

ロゴ可愛いですね。
SINCEは北京の会社なのですが、見た目にもカッコいい道具を作るのです。

開封

開けた瞬間のすごい高級感。

本体

削るための肝の部分の刃。

ハンドル

ハンドル部分は丸みを帯びていて、
掴みやすい大きさになっています。
ちなみに右手用・左手用と商品がわけられていて、
利き手によって選ぶ省が異なりますので注意してください。
実際に削ってみたのがこちら。

部分漉き

一定幅でけっこうきれいに削れていると思いませんか?
削るために定規を当てて直線を出しています。
角尺を使ったので途中ちょっとずれていますが、
厚めの定規を用いてやるともっと精度が上がります。

created by Rinker
コンサイス
¥3,570 (2020/11/01 07:09:28時点 Amazon調べ-詳細)
あと、刃の角度によって削れる革の厚さが変わってくるので、
ゲージか、
ノギスがあったほうが良いですね。

初心者を脱出して、カッコいい作品を作りましょう。

私もまだまだ始めたばかりですが、
早く初心者を脱してカッコいい作品を作り続けたいですね。
そのためにはトライアンドエラー。頑張ります。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です