ボタンダウンクラブでオーダーしたブレザーをSARTO(サルト)でお直しした件

スーツオーダーと言えば「麻布テーラー」だと信じている私ですが、

べつなお店でもオーダーしたことがあります。

アメトラの雄「ボタンダウンクラブ」

それは日本でアメトラを語るうえで避けられない名店。

「ボダンダウンクラブ」

こちらにはスーツをオーダーしたのではなく

「ブレザー」

をオーダーしたのでした。

当時の私はジャケパンに関する知識も薄く、

「できるだけゴリゴリの定番アメトラのブレザーでお願いします。」

とオーダーをだして、

ボタンダウンクラブさんは見事にその要望を実現してくれたのでした。

出来上がってきたのはI型と呼ばれ、

何歳になっても着続けることができるであろうボックスシルエットのブレザーでした。

当時はそれが「オヤジ」感があって渋くて、カッコいいと思い、

ジーンズにパンツにと合わせていました。

顔はともかく、服は実際にかっこよかったはず!

30代になると一気に漂う「おっさん」感

時が過ぎ、30代に突入するとオヤジ感ださなくても、

実際にオヤジになってくるわけです。

20代のころに着れたものが、

いつのまにか着れなくなってくることに気づきはじめる。

I型のブレザーについてもオヤジ感ではなく、

「おっさん」感が現れ始めました。

「お前どうせ腹出てるからI型で隠してるんだろう」

という感じです。

そこからというもの、ほとんどブレザーを着なくなってしまったのです。

転機はやはり麻布テーラー

ずっと放置されていたブレザーに気づいたのは最近でした。

麻布テーラーでオーダーしたスーツは、

体にフィットするだけでなく、

年齢相応に、でも「おっさん」臭くなく、

カッコいい雰囲気を醸してくれます。

それは、「若作り」ではなく「落ち着き」や「自信」の雰囲気を服が作ってくれているからです。

30代でまたひとつ年を重ねたからこそ、

きちんとシルエットに沿ったものを着たほうが良いのです。

ちなみに腹囲が増してきたので、

ダイエットのために運動習慣も頑張っています。

30代からの実践ダイエット。お気に入りの洋服を無駄にしないために。

運動習慣報告

そんな時にクローゼットの中にかつてのブレザーを見つけました。

頑張って貯めたお金でオーダーしたブレザー。

「きっとこのブレザーもまた着れるようになるはず。」

という希望を胸に、

「お直し」のお店を探し始めたのでした。

高級服のお直し屋さん「SARTO」

ジーンズなどの時はよくビッグママや、マジックミシンを使うのですが、

今回はちょっとイメージと違ったのです。

そこで見つけたのが

SARTO

です。

本来は高級服や鞄、靴のお直しを専門に取り扱っています。

店舗は関東近辺にしかないのが難点ですが、

ホームページのブログと言い、

知識や技術は間違いありません。

私のブレザーが高級かと聞かれると、疑問が残ります。

しかし、思い出の大事な洋服であることに変わりわなく、

なんとか「SARTO」にお願いしたいと思いメールで問い合わせました。

すぐに、お直しを受けてくれることと、

直接来る前に事前に連絡をメールか電話でいれてほしい旨の返信が来ました。

田舎に住んでいるぞうきばは日程調整をし、メールを入れ「SARTO」に向かう準備をしたのでした。

実際にSARTOに行った。

銀座にある本店に実際に行って採寸してもらいました。

実はこのとき、訪問日程のメールが定員さんに届いていなかったというミスがあり、

困らせてしまったのです。

しかも、お店は常連らしいお客さんでにぎわっていました。

店員さん「予約はおありですか?」

ぞうきば「はいぃぃい、メールで連絡を入れさせていただいていたのですがぁ!」

店員さん「ちょっと中で確認してきますね。」

店員さん「すみません、ちょっと確認が取れないのですが、送信履歴を拝見してもいいですか?」

ぞうきば「はぃぃい!(スマホをみせる)これなんですが。」

店員さん「ちゃんと送ってくださっていますね。

普通だとお断りしなければならないところなのですが、

少しお時間いただいてもよろしいですか。対応できるものがいるか確認いたします。」

ぞうきば「はいぃぃい。大丈夫でぇすぅ。」

5分も待たず…

店員さん「対応が可能でしたので、採寸からよろしいですか。」

ぞうきば「ありがとうございますぅ。」

しかも最初に受けてくれた店員さん、あとで調べたら店長さんでした。

採寸に関しては、スタッフさんとやり取りしながらイメージを作っていきます。

採寸スタッフさん「どんなふうにお直したいですか。」

ぞうきば「はいぃぃい、端的に言えば、『今風』にしたいんですぅ!。」

採寸スタッフさん「・・・( ^ω^)(にっこり)、わかりました。では身幅や肩幅を少しずつ調整しながらイメージに近づけていきましょう。」

分かりますか、どこを直したいか分からなくても察してくれる。

さすがプロ。

そして、ここを直すとこういう風になる、こうしたほうがよりイメージに近いものになるのではないかと、

次々提案してくれながらお直し方針を決めました。

身幅、肩幅、腕部分の調整をするお直しで、費用総額約25,000円。

これを安いとみるか、高いとみるかは本人次第ですね。

ちなみに私は安いと思ってます。

思い出の一着がまた一軍復帰して、着られるのだから。

田舎暮らしのぞうきばは、完成後取りに来れないので、送っていただくことにしました。

完成を待ちきれないぞうきば。

ブレザーお直し完了

ブレザーのお直しが完了しました。

お直しするときにカットした分の生地を入れてくれました。

たった、これだけの量でこんなにシルエットが変わるなんて驚きです。

これで、また着続けることができます。

結論

SARTO最高。でも、事前予約はしっかりしようね。

銀座店は雰囲気も最高。でも、単純なお直しだけならセカンドライン店舗のほうが気軽に入れるかも?

SARTOさんありがとうございました。

ちょっと直しましたが、ボタンダウンクラブさんにもまたいきます。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です