patagoniaの万能アウター「トレントシェルジャケット3L」を購入したのでレビュー。

万能ジャケットのトレントシェルジャケット

ミニマリストの持ち物に万能ジャケットとして、
マウンテンパーカーがありますが、
patagonia(パタゴニア)のトレントシェルジャケットはその筆頭だと思うのです。

パタゴニア

なぜなら、コスパ良いし、使い方次第ではオールシーズン使えるから。
春先、秋口にはさっと肌寒いときに羽織ればいいし。
夏は雨の日に着れるし、
冬は中にフリースやダウンをきてハードシェル的な使い方もできる。
私も10年選手のパタゴニアのH2Nジャケット持っています。
すでに透水防湿じゃなくなっているのだけれど、
作業着として耐摩耗性とか優秀だから、
いまだに気づくと手にしてしまっている。
そんな感じでラフに使えるものだから、
今年の冬に妻にプレゼントしようと注文してみました。

最大の弱点「剥離」を克服したトレントシェルジャケット

モデルチェンジする前までのトレントシェルジャケットには、
最大の弱点がありました。それは
「剥離」
です。
これは2.5レイヤーのジャケットにはあらがえない運命なのです。
ですが、2019年くらいからモデルチェンジして、
「トレントシェルジャケット3L」となり、
3レイヤーとなりました。
これで最大の弱点だった「剥離」の問題を克服したといわれています。
まだ発売開始から数年と経っていないので、
本当に克服できたかは数年後のレビューとなりそうです。

サイズ感は公式ホームページの商品ページで確認してみて。

パタゴニアで買い物をしたことがある人ならご存じかと思いますが、
パタゴニアの製品はサイズ感が結構難しいですよね。
じつは私も少し大きめを買ってしまって、返品交換した経験があります。
今回は妻のものを選んだので、返品交換覚悟で注文しようとしたのですが、
じつはサイズ確認システムが商品ページにあるのです。
「私のサイズは?」というリンクが商品ページ内にあり、
これがかなり優秀。
身長、体重に始まり、年代まで聞いてくれて、細かくサイズを割り出してくれます。
妻に聞きながら打ち込んで、到着した商品を着たところ、
納得のサイズ感でした。最終的な購入サイズを割合で出してくれるのは新しいですね。
妻の評判は上々です。使い倒したいですね。

パタゴニア

patagoniaのショーツもおすすめです

この夏におすすめ。インドア派、アウトドア派問わずにお勧めなpatagonia(パタゴニア)のバギーズショーツ

パタゴニア(patagonia)のバギーズ・ショーツ7inchの色違いを揃えた件

壊れたら直すのがpatagonia

Patagonia(パタゴニア)のWornWearの理念をGEARAID(ギアエイド)で実践してみた

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です