テーブルの脚が壊れたから、脚だけ買ったよ。簡単にできるテーブルDIY。

ぞうきばやし(@zoukibayasi1)です。

食事するテーブルが壊れて傾きながら使っていたんですよね。

子どもってなんであんなにテーブルの上に登りたがるんでしょうねぇ。

子どもが机に登って壊す。

上の娘の体重に耐え切れずに折りたたみテーブルの脚が壊れました。

荷重に耐えられなかったのです。

むしろよく今まで耐えてくれていた。

実は前にも一度壊れているのです。

その時はやはり、娘の重さに耐えきれず、

止めていたねじが外れるという。

折りたたみの脚ではどうしても垂直に力がかからないので、

モーメントが働いてしまいます。

脚の留め具の部分だけじゃなくて、ねじもやられるんですよね。

良い機会だからローテーブルを新しいのにしたいからDIYを考えました。

どうせならこのホームセンター折りたたみテーブルをお洒落なDIYテーブルにしてしまおうと考えました。

こちらなどで良い無垢材の天板があるんです。

「タモ」か「ナラ」あたりがいいなーと考えていた矢先、

妻から「天板はまだ使えるよ?脚だけ買って付け替えると安いんじゃない?」との一声。

ですよねー。

天板からの作成をあきらめ、素直に脚を買うよ。

妻の一声で天板を買うのはあきらめました。

たしかにまだ使えるなら使ったほうがいいですよね。

本当は無垢材の天板ほしかったけど。

基本的には折りたためなくてもいいから、

重さを垂直に受け止めることができる足をDIYFACTORYのオンラインストアで探します。

こちらはアマゾンペイメントでも支払えるので、

いちいちメンバー登録しなくていいから便利。

そこで届いたのがこちら。

「光 家具用丸脚(1本) シルバー 30×300mm」×4本。

アイアンっぽいのだと楽天でもありますね。

created by Rinker
¥558 (2020/04/06 15:11:16時点 楽天市場調べ-詳細)

大体全部で送料込みで2,000円くらいですね。

取り付けるにはねじがいるんですが、

それは別売りです。

4.0mmから4.5mmのねじが目安のようですが、

今回はもともとテーブルに止めてあった脚から外したねじが流用できたので

そのままそれを使います。

作業内容はいたって簡単。

1 テーブルから壊れた足を外す。

2 テーブルに新しいを足をつける。

以上でDIY終了です。

ではさっそくやってみましょう。

テーブルから壊れた脚を外す。

テーブルから壊れた脚を外します。

脚を折りたたんで、

持っててよかった電動工具。

この電動ドリル、

親から「就職祝いに何が欲しい?」と聞かれたときに

「電動ドリル」と答えたので買ってもらったやつです。

今を思えば、なぜコードレス電動ドリルにしなかったと悔やんでいます。

買うときは絶対コードレスが良いです。

ボッシュあたりだとコードレスでもお手ごろです。

「いや、手回しで十分いけるでしょ」なんていう人こそ買ったほうが良い。

電動ドライバがあるだけで、どれだけ人生の時間を節約できるか。

どうしてもいらないという人はせめてラチェットドライバを。

ドライバーを持ち帰ることなく、片側にしか回らなくできるという代物です。

これだけでも「ただのドライバー」しか使ったことない人には目からうろこかと。

ということで、取れました。

テーブルに新しいを足をつけるよ

新しい脚をつけます。

脚を撮るときは電動ドライバと金具が干渉しましたが、

新しい脚は金具と干渉することもなく、

すんなり完成。

一工夫からの完成。

テーブルのDIY作業としてはこれで以上です。

ですが、今回天板を新しくできなかった悔しさの代わりにちょっと工夫しました。

ティッシュケースリモコン入れです。

そこ、「ダサい」とか言わない。

かなり重宝します。

だって木で作ったりは面倒だし、

100均のフックとかごで作っても娘から壊されそうだし、

どうせ壊されるなら安いほうがいいじゃないという考えで作りました。

養生テープで仮止めで貼ってありますが、ここは頑丈なダクトテープで貼りなおします。

これで、完成です。

最後に水平を確認します。

傾きがだいぶ改善しました。

直す前の傾きを撮るの忘れた…。

<追記>

楕円の天板のテーブルだと淵の部分に体重をかけると、

モーメントが働いてひっくり返ってしまうようです。

これはやはりタイミングを見て無垢材四角天板に変えよう。

無垢材を手に入れることができたので、DIYの準備として塗料作りました。

無垢材天板ローテーブルDIYの準備として蜜蝋ワックス(BeeWAX)を作った。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です