失敗から学べ。サラリーマンキャンパーが始める資産運用。つみたてNISA、確定拠出年金、ウェルスナビ。

ぞうきばです。

サラリーマンですが、服オタ、資産運用、キャンプブロガーを自称しています。

うまくいかない資産運用。

いやー、うまくいかないんですよ資産運用。

ブログよりも前に資産運用に興味がありました。

サラリーマンですが、

既婚なので自由にできるお金があまりなく、

なかなか手が出せずにいたところ、

ブログを始めてネタになればと思い、めっちゃ調べながらまずはウェルスナビを始めました。

しかし、時代は仮想通貨全盛期。

他にもれず、ぞうきばも「億り人」を夢みて参戦したのでありました。

大損害といはいかないまでもサラリーマンには手痛い勉強代

最初はちょっとした出来心だったのですよ。

利益でれば、ちょっといいマウンテンジャケットが買えたらいいなとか、

欲しかったあのギアも買えるなぁとか。

夢見るじゃないですか。

そして頑張って買ったわけですよ。

100,000円分のビットコインを。

そして迎えた大暴落。

もう、当時の自分に言ってやりたい。

「おっけーーーい」

じゃないわと。

大暴落から少し持ち直したところで損きりしたのですが、それでも30,000円くらい赤字を出しました。

そして始める堅実運用

うん、やはり一攫千金は無理ですよ。

目を覚ませ俺。

そして、コツコツとした積立投資が始まります。

1/5のウェルスナビ報告。過去最高の運用。年始から飛ばしてますね。(ウェルスナビ)
SBI証券
(確定拠出年金・つみたてNISA)

色々な人が書いていますが、

やはりサラリーマンは堅実運用一択ですね。

金融資産に夢を見ても良いけれど、子どもたちを養わなければなりません。

運用キャンパーとしてのおすすめは「つみたてNISA」

3本柱で運用しているのですが、

キャンパー目線でおすすめは「つみたてNISA」です。

運用益非課税ってのはかなり大きいですし、ぞうきばの運用を支えているのはまさにこのつみたてNISA.です。

これが一番今のところ堅実に増えてます。

それにすぐ現金に変えられるところも大きいですね。

確定拠出年金(IDECO)は所得控除頼みかな

確定拠出年金(IDECO)もやっていますが、

手数料分ペイできるほどの運用益は出ておりません。

ただし、確定申告すると掛金を全額所得控除にできるので、

間接的に利益として見ることできるんですよね。

長期的に実際の運用も黒字化していければ、かなり見込みあり。

子どもが小さいと親の税額によって幼稚園の補助金が出たりするので、

意外と税金やすくするのも大事なんですよ。

ただし、こっちは基本退職するまで現金化できません。(手続きすれば減額されて現金化できますが。)

未来の生活への投資の意味合いが強いかな。

これらは

SBI証券

ですね。地銀とは手数料が違います。

あとウェルスナビもしてます。

ウェルスナビ

もやってるんですよ。



ただ、これはちょっと失敗しました。

最初は慎重に運用に100,000円から運用したのですが、

黒字が続き、

運用益も2~3%くらいだったので

「これはいける!」

と勘違いして、

いっきに元金を500,000円にしたら今でも赤字続きです。

決死の思いで、

株価が下落気味の時に定額積立に変更しました。

長期的にみれば赤字も食って、黒字転換してくれると思います。

やはり、いきなりどーんとお金を預けてはいけないのですよ。

分散投資、分散投資!

節約という意味なら「ふるさと納税」も有効です

ふるなび

とか

ふるさとチョイス

で、モンベルやコールマンのポイントをくれる市町村があります。

ふるさと納税も運用の一つかと思います。

でも、

さとふる

そういう商品がないんですよね。

初志貫徹、利益が出たらモノを買います。

本当に必要なものはお小遣いで買うので、

もし利益が出たらなにか特別なものを買いたいなと思います。

ちょっといいマウンテンジャケットとかでも良いのですが、

普通にお金をためて買ってしまいそうなので、

利益出たとき考えます。

どうせ、もう少し時間かかるでしょうからね。

温かく見守ってください。

おっけーーい。

 

 

 

 

 

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です