キャンプでコーヒーを飲む方法。ドリップ・フレンチプレス・フィールドコーヒー。レンメルコーヒーを飲む。

フィールドコーヒーって知ってますか。

コーヒーを外で淹れようとすると、

器具がいろいろ必要なんですよね。

最近ブッシュクラフトもひろしさんのおかげでか、

また流行りだしていますし、

フィールドコーヒーもくるんじゃないかなーと思っているぞうきばです。

そもそもドイツで使い捨てのペーパードリップが出回る前には寝るドリップとかしていたわけです。

その前は水に荒く挽いたコーヒー豆をいれてに出して飲んでいたんだそうですね。

煮出すわけではないですが、ドリップよりサイフォンにちかいのかな。

最近フィールドコーヒーのブランドとして確立したのがレンメルコーヒー

Youtubeのチャンネルにも公式サイトありますけど、かなり興味そそられますよね。

でも、レンメルコーヒー公式サイトでは分量公開してないんですよね。

Youtubeを見てもらえれば分かるように、

「君自身のコーヒーを飲めばいい」

的なノリで進むので、最初かなり困惑するんです。

「フィールドコーヒーやってみたいんだけど、分量がないとやる気が出ない」という人向けの

一つの基準になればなと。

試してみた。

火元はたき火する時間が取れなったのでガス火です。

使う粉は当然、いま日本のフィールドコーヒーを席巻しているレンメルコーヒー様。

一杯目は、シエラカップ2杯分(150cc×2)の水に、動画のとおり男らしく粉ドバドバ入れてみました。

これを煮出します。煮出す時間もよく分からないから沸騰したら弱火にして

1分間煮だします。

その後、粉の沈殿をまってシエラカップへ。

結果がこれ。

。。。ココアか、もしくはチョコレートでしょうか。

味はマジで苦い。うん、重労働の後に飲むには良いかもね。でもちょっと胸焼けするかな!

ちなみにフィールドコーヒーは作業の後に飲まれるものだったようで、

塩を一つまみ入れて塩分の補給もしていたそうです。

塩いれてみましたが、苦みがありすぎて何も感じない。。。

二杯目。

水の分量は変えずにシエラカップ二杯分(150cc×2)にたいして、

粉もシエラカップで測りました。100ccのところあたりまで。

目盛りが見えないけれどだいたい100ccのところです。

水を図るのにも使うので、粉が水分を吸ってシエラカップにひっつきますが、

後でコーヒーを飲むときに沈殿しきれなかった粉も入ってくるので、

気にしなくてもいいかと思います。

そこら辺だけワイルド。

そして、煮出す時間にも配慮。

一度沸騰したらケトルを火からおろして、

粉の沈殿を待ちます。このとき粉に水分がいきわたっていないようであれば混ぜます。沈まないから。

粉の沈殿が終わったら、シエラカップに注ぎます。

沈殿しているのは粉を計ったときのなごりです。

これだと普通に飲めるコーヒーの味!塩淹れると若干塩味感じれる。

以上のことをまとめると、

フィールドコーヒー(二人分)の基準分量

  1. シエラカップで150cc×2杯分をケトルに入れる
  2. シエラカップで100ccのところまで粉を計りケトルに入れる
  3. ケトルを中火で沸騰させる。
  4. 沸騰したらケトルを火からおろして、粉の沈殿を待つ
  5. 沈殿したらシエラカップに注ぐ

という感じです。

味覚はけっこう人それぞれですが、

何も基準がないってのは大変っちゃ大変なので。

ちなみに今回王道のレンメルコーヒーさんでやりましたが、

粉の挽き方さえ粗びきで行ければ、

どんな豆でもやれるのかな?。

これは次回のキャンプで実践だな。

フィールドコーヒー楽しいのでぜひやってみてくださいね。

created by Rinker
トランギア(trangia)
¥2,640 (2020/10/29 07:34:09時点 Amazon調べ-詳細)

というかこれだけでやれる新メニューだから挑戦してみてほしい。

Ads