夏のアウトドア、はじめてのソフトクーラーはなに選ぶ?「シアトルスポーツ」の「ソフトクーラー 23QT」がおすすめ。

シアトルスポーツのソフトクーラー23QTを買いました。

ハードクーラーを買ったときから、ずっとソフトクーラーも欲しいなと思っていました。
ハードクーラーって保冷力は抜群なんですけど、かさばるのですよ。
ソフトクーラーであれば、保冷力こそハードクーラーに劣るものの、
日常生活では必要十分な保冷力ですし、
なにより折りたたむことによりハードクーラーの問題点の「積載」の部分を解決してくれるんですよ!
でも、ソフトクーラーってたくさんあってどれを選べば自分に最適なのかわかりにくいですよね。
保冷力と積載とデザインのバランスを見ながら、
やっと今回ソフトクーラーデビューしたわけです。
購入したことで使い勝手とか、保冷材との相性とかが分かったので書いていきたいと思います。

なぜシアトルスポーツのソフトクーラーを選んだか?

ソフトクーラーを選ぶときに大事なことは3つあると思います。

  1. 保冷力
  2. 積載性(コンパクトさ)
  3. 見た目(デザイン)

この3つを考えながら選んだのが今回私が購入したソフトクーラーだったわけです。
比較対象に挙がっていたのは定番ところですね。

Colemanのアルティメットクーラー
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥15,626 (2020/10/29 09:31:26時点 Amazon調べ-詳細)
スノーピークのソフトクーラー
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥8,643 (2020/10/29 09:31:27時点 Amazon調べ-詳細)
ロゴスの氷点下クーラー
20L B ORANGE (アイスミュール) ICEMULE クラシッククーラー ラージ 59425
ICEMULE(アイスミュール)
アイスミュールのソフトクーラー以上です。

保冷力はどれくらい必要なのか。

保冷力は基本的に断熱材と保冷材の性能に左右されるところが大きいですが、

自分のクーラーボックスの使い方を明確にしておくと、
無意味に性能の高い(性能が高い=価格が高い)ものを選ばなくてすみます。
ことクーラーボックスについては価格が保冷力と比例するといっても過言ではありません。
ハードクーラーはすでに持っていて、
キャンプで連泊するときは有無を言わさずYETIのハードクーラーをもっていきます。
今回の選ぶソフトクーラーは「日常的にお出かけや買い物で使うこと」を主目的にしています。
つまり、「一日」冷えていればそれでいいし、
常に炎天下の中、外に放置されるわけではありません。
このことから、先にあげた候補はほかにレビューしてくださっている方がたの意見を踏まえば、
すべて必要な保冷力を満たされるようです。
Colemanなんかは一つランクを落としてもよさそうです。安いし。

計算した寸法でしたが、夏の時期になると毎年品薄になるロゴスの氷点下パックも入りますね。
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥1,077 (2020/10/29 09:31:29時点 Amazon調べ-詳細)
実際に入れるとこんな感じ。

2Lペットボトルも縦に入りますが、
下に保冷剤を入れると入らないです。側面に入れましょう。

積載性はどうか?

私としてはここが最重要項目です。
日常的にハードクーラーの出番が少なくなってしまうのはこれが原因ですからね。
折りたたみ時の寸法で優位なのは
スノーピーク、アイスミュール、シアトルスポーツですね。
共通しているのは基本的にビニールとかナイロンでできていることですね。
これがたたむことによってぐっと小さく、コンパクトになるわけです。

他のソフトクーラーは断熱材とかの関係で、部分的に固い素材使っているので、
たたんでもかさばっちゃうんですよね。
その分、保冷力が上がり、連泊のキャンプでもメインのクーラーボックスになりえるわけですが、
今回は保冷力の段階でオーバースペックです。

デザインはどうか?

これは完全に好みです。
私はシンプルなのが好きなので。
先ほどの積載の時に触れた3つはシンプルでいい感じです。
ちなみにYETIのハードクーラーの色味に合わせるならば、
ホワイトが良い感じです。
ホワイト推しなのにはもう一つ理由があって、
中学生くらいの理科の実験で
「黒と白とでは、黒のほうが温まりやすい」
というのした記憶があったからなんですよね。
ちなみに天下のホンダさんも実験してくれてるんですよ。(PDFリンク)
あと、クーラーボックス自体の形ですね。
アイスミュールは独特の形状をしていて、
ロールトップでカヤックとかでの移動もできますね。
今回私が欲しいのは箱型なので、
スノーピークか、シアトルスポーツに絞られました。

最後の決め手は、「価格」です。

3つ判断基準があると言いましたが、
そこですべてを満たす候補が2つでてきてしまいました。
やはり最後の決め手は価格でした。
スノーピークはシアトルスポーツよりも高いのですよ。
スノーピーカーのかたからは怒られますが、
そこまでスノーピークに思い入れがあるわけでないので。
あ、ソリッドステークとポンタタープは愛用してますけどね。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥2,726 (2020/10/29 13:00:49時点 Amazon調べ-詳細)

買ってから気付いた良いところも挙げてみますね。

以上の理由から、シアトルスポーツを買うことに決めたわけです。
ちなみに購入したのは「BLIZZ」というシリーズのホワイト。
ハードクーラーとの色味もばっちりです。

シアトルスポーツといえばヴィヴィッドな色味で有名ですが、
落ち着いた白もかわいいですよ。
あと、買ってから気付いたのですが、持ち手の部分って大事でした。
23QTは肩掛けのベルトがついているのですが、
これが便利。多少重いものを入れても持ち運べます。

YETIには後付けで肩掛けベルトつけられるみたいなのですが、
私は持っておらず、運搬に苦労しているので、
これも良い点でした。

ソフトクーラーで暑い夏を快適に乗り切りましょう。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥15,626 (2020/10/29 09:31:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥8,643 (2020/10/29 09:31:27時点 Amazon調べ-詳細)
20L B ORANGE (アイスミュール) ICEMULE クラシッククーラー ラージ 59425
ICEMULE(アイスミュール)

ハードクーラーはYETIです。

Ads